スタイリストのYouTubeチャンネルに本人登場! 少女時代テヨンのSparkアイメイクとは? 派手なアイドルメイクに挑戦

少女時代テヨン

伝説のガールズグループ少女時代を始め、IZ*ONEやパク・ジフンのメイクを担当しているソオクさんが、自身のYouTubeチャンネルに超豪華な特別ゲストを招待!

なんと、招待されたのは、このチャンネルの大ファンだという少女時代のテヨンでした🙈💗💗

彼女が2019年10月に発表したソロ曲『불티 (Spark)』ミュージックビデオ(MV)のメイクを、解説しながらテヨン本人に施すという超豪華な映像が公開されています!

どのチャンネルでも見ることができない、テヨンメイクに迫りましょう!

YouTube / OK Beauty

その前に、押さえておきたいPOINT!

  • 編集して完成されたMVより、実際のメイクの色は少し赤みが強い
  • 使用するアイテムは撮影時に使用したものと同じ
  • 日常メイク(×)パーティー向けメイク(◎)

派手なシャドウの前にはこれをして!

発色の良い派手なアイシャドウを塗る前に、 ベージュ系のベースカラーを塗る必要があります。この色は人によって異なり、自分のスキントーンに合わせたアイテムが必要です。

地味な作業なので、この工程を省いてもよさそうに思えますが、完成したときに『派手過ぎた…』と後悔するかもしれないので、自然にグラデーションさせるためにも取り入れたいですね!

テヨンはベージュブラウンを使用します。ベースシャドウのもう一つの役割は、目を大きく見せてくれること👀自分の目のラインよりオーバーに塗ることで『ここまでが目ですよ』とより大きな目に見せてくれるのが最強のメリットです!

さらに、下瞼にはベージュカラーにピンクが混ざった淡い色のシャドウを涙袋にめがけて塗ることで一気に立体感を生み出し、若々しい印象を与えます💯 ✨ 眉下のくぼみから目頭にかけても“じんわり”さりげなく塗っておきましょう。

発色の強いメインカラー、どこから入れるか悩む・・

発色の強い派手なメインカラーを塗る時に『どこから塗ればいいの…🤯』といざとなって悩む方も多いはず!そんな時には、発色や量をチェックしながら塗るためにまつ毛の真上に乗せてみましょう!

ソオク先生も、芸能人にメイクをする時に『この色は似合うのかな』と探り探り発色を見ているそうなので、とりあえず修正のできる目立ちにくい位置から攻めていって良さそうです◎

派手な時にはガッツリ!どうせ見えなくなるから大丈夫!

今回のメイクの様に、派手なメイクの時にはシャドウをガッツリ塗るのもポイントだそうです。「つけまつげ」を付けてアイラインを引くと、シャドウは見えにくくなるので失敗してもカバーできます!(大丈夫大丈夫🙆🏻💓)

ここまで使用したカラーは、二種類のマットなカラー。ここからキラキラ系のアイシャドウに入ります!

テヨンも大好きな“カニカマカラー”

カニカマのような色だということで、テヨンもお気に入りのレッドパールが入ったアイシャドウを使用。先ほど使用したベースカラーと似たような色を使用することで、統一感ある奥深い仕上がりになります🥰

塗る場所は、下瞼と上瞼の中央のみ!目を閉じて瞼の中心(瞳孔)に色を乗せると、中心だけキラキラに✨目の動きに合わせて輝く立体感ある美しいアイメイクが完成します!手で置くように塗ると、発色しやすいですよ!

つけまつげの選び方と、三角ゾーン

つけまつげは、自分のまつげの長さよりも長いものを選択。毛量が多いと、大失敗しやすいので毛量少なめのものを選ぶのがコツ!グルーでつけ終わったら、マスカラで自まつ毛と馴染ませましょう👀🔔まつ毛が重く見えないように、あくまで軽く丁寧に馴染ませていきます!

韓国風メイクに欠かせない下瞼の三角ゾーンには明るめのブラウンで、まつ毛のキワを埋めて目を横に協調させます。この作業によって、上瞼の派手なメイクとバランスを取ることができます◎

クマに見えないよう、欲張りすぎずあくまでも三角ゾーンのみに塗りましょう。上級者は、下まつげと上まつ毛に異なるマスカラを使用し、より繊細な美しさを引き出していくのもオススメです🌱

まとめ

テヨンのアイメイク方法、いかがでしたか?💛

普段のメイクには難しいですが、フェスやイメチェンしたいときにはもってこいですね!

皆さんもぜひ試してみてください!

OdiOdiをフォローして最新情報をGET!
error: Content is protected !!