小顔はヘアスタイルで作れる!韓国の美容師が教える最強の“サイドバング”セット方法とは?

ヨシンモリ

韓国のヘアスタイルと日本のヘアスタイルは、数年前からかなり似てきていますが、やはり国が違うのでそれなりの違いがあります。イメージは女性なら、大きなカールが加わったのが韓国風コテで細かなカールを巻いて、フワフワにするのが日本風といった感じです👀!

写真だとこんなイメージ(韓国、日本)↓↓

かなり違うイメージを好んでいるのが、分かりますね🤭。韓国のヘアスタイルは日本でも大人気なので『ヨシンモリ』『ムルギョルパーマ』など聞いたことあるかもしれませんが、最近はレイヤーを入れて軽くしたスタイルが流行っているようですよ👀✨。

レイヤースタイルは、重くなった髪に段をつけることでスッキリ軽々とした印象を生み出します。さらに、髪の動きが一層目立つのでアレンジの幅も広がるのもメリットです😉✨。

サイドバングが命

前髪を作らないスタイルの場合、結構手こずりがちなのが輪郭の形を決定づけるサイドバングのセット。つむじのクセが強かったり前髪の生え方にクセがあると、上手くサイドの流れを作ることができず、スタイリングだけで2時間かかるなんてこともあります💦。

サイドバングをキレイにセットできれば小顔効果も抜群なので、この機会に時短編と、休日編をマスターしちゃいましょう!

ちなみに、サイドバングになる髪は、M字になっている生え際の内側を始点にし三角形をイメージすると、簡単に見極めることができます!ボリュームが欲しい場合は、横に取っていくのではなく、三角の頂点の位置を更に高い所にしていくのがポイントです👀✨。

サイドバングセット方法(時短編)

サイドバングの最も簡単なセット方法は、前髪カーラードライヤーを使う方法です。サイドバング(または前髪)をカーラーで巻いたら、7秒ほど熱を加えて、5秒冷まします。ここで重要なポイントは、カーラーを掴み、頭の後ろに引っ張られるようにしながら外すことです!映像の様に、後ろに向かって外すことが大切💡。

そうすると、大きなサイドバングが簡単に出来てしまいます🧐。手が器用な方はコテで行うのもよいですが、私のような不器用さんにとっては、超お得なテクニックですよね✨。忙しい朝に、前髪を水で濡らしてドライヤーで乾かした後この方法を使うと、どうにか髪が収まりますよ(笑)

完成したら、絶対にスプレーでキープさせてください!この時、ハードタイプは不自然に固まる可能性があるので避けましょう💡。

サイドバングセット方法(休日編)

少し時間に余裕があるなら、いくつかのセクションに分けて丁寧に前髪のクセを取っていきましょう。使用するのは、ブラシドライヤー、前髪カーラーです。

前髪を二段にして、セクションを丁寧に分けます。右へ左へと、ブラシで交差するようにして前に引っ張りながらクセを取っていきます。こうすることで、前髪のクセをリセットし、より完璧なサイドバングにセット出来ますよ😉。

絶対後ろに向けて外す

二段目も同様に、ブラシで引っ張りながらクセを取りましょう。この後は、先ほどと同様に前髪カラーに熱を与えた後、後ろに引っ張りながら外せば完成です。

これだけで、美容師さんにセットしてもらったようなサイドバングを作ることができます!✨。

小顔に見せる方法

サイドバングを作ったことで、横に突き出た頬骨を隠すことが出来ましたね!ここからは、丸顔の方に使える小顔テクニックとなります👀✨。丸顔さん必見ですよ!

丸顔の方は、サイドをカバーするだけでなく、トップにボリュームを持ってくることが何よりも大切なので、ロールブラシを使用してボリュームを出していきましょう。

まず、セクションを生え際より1㎝ほどの所で(薄く)取ります。

次に、ブラシをあてた方の髪を巻き付けます。下の写真のようにドライヤーの風をあてていくのですが、その前に、ブラシをドライヤー側にグッとスライドさせましょう!!

こうすることで、トップのボリュームを確実な位置で綺麗に出すことが出来ます。

さらに、ブラシを外す時は先ほどの前髪カーラーを使用したときと逆で、前に引っ張って外すのも重要なポイントです!前にJの字を描くようにして、熱を加えながら外します🙆🏻‍♂️。

ここまでやれば、もう完璧!スプレーで軽く固定して、ショッピングしに行きましょう!

まとめ

『女神ヘア(여신머리)』に欠かせない、サイドバングの作り方を紹介しました💛。

不器用な私でも、簡単に出来たので皆さんも是非チャレンジしてみてください♪

OdiOdiをフォローして最新情報をGET!
error: Content is protected !!