クッションファンデの生みの親『IOPE』コダワリと熱意が凄すぎる!韓国化粧品のツウだけが知ってる魅力とは

IOPE

今や日本でも定番となっている「クッションファンデーション」を開発したのが、韓国の化粧品ブランドIOPE(アイオペ)です👏👏。

アイオペは日本に店舗がないため、日本での認知度はそこまでありません。聞いたことはあっても、どんなブランドなのか分からない方も多いはず…!

そこで今回は、このブランドについて、そしてクッションファンデの誕生秘話などをシェアしたいと思います✨。

IOPEとは

IOPE KOREA

先進のコスメテクノロジーで数々の快挙を成し遂げてきた

研究所(ラボ)を基盤とする高機能性スキンケアブランドです。

「肌本来の美しさを引き出すこと」

それがIOPEが目指すフィロソフィーであり

真の価値だと考えます。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/iope/story/index.html

IOPEは、アイシャドウやリップなどの化粧品ではなく、基礎化粧品肌をキレイに見せるファンデーション製作に力を注いでいます。

クッションファンデを生み出す

IOPE KOREA
担当者

2008年にエアクッションを世界で初めて販売しました。当時、他ブランドからかなりの共産オファーが来ましたが、私たちがクッションファンデの特許を持っていたので、しばらく他ブランドはクッションを製造することができなかったようです。

今や日本でも定番となっている「クッションファンデーション」を開発したのが、ずばりIOPEです!知らなかった方も多いのではないでしょうか?✨。持ち歩きも楽で便利なクッションファンデがどのようにして誕生したのか見ていきましょう!

どのようにクッションを生み出そうとしたのか

ハチの巣のようなデコボコした断面のスポンジが特徴的ですね!

マットレスの構造を研究したり他社の商品も色々とチェックし、ハチの巣のようなデコボコした断面のスポンジを開発しました。このような断面にすることで、どの部分を推しても液体を均一に付けることができるようになり、エアクッションが誕生したそうです!

担当者

クッションファンデそのものは朱肉(スタンプ)からインスピレーションを受けて生み出されました。「日焼け止めのようなテクスチャーのものを顔に付けても、流れて地面に落ちないような商品を作ろう」ということで研究しました。

IOPEのクッションシリーズは全5種類の展開です。(内1種はオンライン限定)

テクスチャーなどはタイプ別で異なりますが、6つの機能『ファンデーション ・化粧下地・UVカット・皮脂コントロール・エイジングケア・クール機能』が配合されています。ちょっとした外出でも、デートでもこれ一つで

IOPE社員がオススメする商品

UVシールドサントーンアップベース

IOPE KOREA
社員A

カバーよりも、自然にトーンアップするのが好きな方にオススメします。本当に自然に肌を明るく、白く見せてくれるので何個使ったのかわかりません。

驚くほど軽いテクスチャーが売りの「UVシールドサントーンアップベース」は、SPF50+/PA+++で紫外線を強力にカットしてくれる化粧ベースです✨。ベタ付かない、サッパリとした使用感なのにも関わらず、肌を一気にトーンアップさせるため愛用しているそうです。

ニキビなどがない、『美白に見えて肌のトーンが均等になればいいかな』というナチュラル派さんにピッタリの商品になります♪

最も開発費がかかった自信作は?

IOPE KOREA
担当者

最も開発費を注いだのは「ザ・ビタミンC23」です。安全な商品にするためのビタミン研究がとても難しく、最先端の機械を導入しました。

こちらのアンプルは、塗るだけでほうれい線のシワやシミを改善し、肌をハリよくしてくれる商品でリフトアップの効果もある優れものです!この商品を生み出した方が、肌のリフトアップレーザーなどに精通している研究者だったそうで、医学の力(シュリンクなど)でリフトアップさせていたそうですが、ザ・ビタミンC23を開発後は、パッタリと美容皮膚科に通わなくなったそうですよ!

IOPE KOREA

ビタミンCが高濃度で入ると、皮膚がヒリヒリしてしまう可能性があるため、肌に刺激を与えない範囲内でなるべく高濃度で配合するよう努力したそうです。 様々な研究を重ね、純粋なビタミンを23%配合するのが最適だと判断し完成しました。 

かなりの費用がかかったので、近年では最も投資したラインになったと言います。販売価格は韓国基準で5万ウォンですが、これだけ研究しているのにしては、コスパを下げている自信があるのでぜひ使ってみてほしいとのこと。私も個人的に興味が湧いてきました…!

敏感肌へのオススメ商品

IOPE KOREA
担当者

敏感肌にはダーマリペアラインの「シカオールクリーンアンプル」をオススメします!成分が10つほどしか入っていない、敏感肌を対象とした商品です。

研究者の中に高校三年生の娘さんがいらっしゃる方がいますが、娘さんが何を使っても肌にトラブルが現れていたんですね。そこで、水とグリセリンだけで作ることをモットーにして商品開発した結果、肌トラブルが落ち着いたんです。

薬を入れるためのビンを使用しているので、一年間衛生的に使うことができるのが特徴です。約17つの殺菌保存剤を含んだ、26つの物質がオールフリーなので菌は微塵も含まれていません。医薬品開発と同じ製造所で作られている安心安全な商品です。何を塗っても荒れてしまう方にオススメですよ♪

まとめ

楽天

日本ではまだあまり知られていない、韓国化粧品ブランド「IOPE(アイオペ)」についてご紹介しました!

研究所での開発に力を注ぎ、高機能の基礎化粧品やクッションファンデなど「他にない、高クオリティの商品を提供すること」をモットーにしていることが伝わってきますね♪

肌にいいものを使いたければ、IOPE!日本では、楽天やQoo10で購入できますので皆さんも是非チェックしてみてください👏。

OdiOdiをフォロー!
error: Content is protected !!